沿革

弊社の帽子作りの歴史は畳3枚、下張りアイロン加工、ミシン4台と職人2人、工員4,5人から始まりました。
その後、新工場の設立や新社屋の建築を経て、"中央帽子株式会社"として新たなスタートを切ります。
このページでは、そんな中央帽子の現在までの歩みをご紹介しています。

明治末~大正 西井留吉、大邱(タイキュウ)にて、西井履物店創業
西井履物店の写真
大正13年 合名会社西井マート創業(のちに洋品店併設)
昭和11年 大邱にて、イビシヤ百貨店創業(店頭で帽子の小売りも始める)
終戦により日本へ帰国
イビシヤ百貨店
昭和23年 大阪市に於いて,帽子製造 西井製帽所を創業
昭和25年 天理製帽株式会社を設立
昭和28年 中央帽子株式会社設立
本社・営業所は大阪市東区北国分町、工場は大阪市東成区西今里町4に開設
昭和30年 工場を東成区西今里町11に移転
昭和34年 千日デパートビル1階に帽子部開設
昭和35年 東京都新宿区新小川町に東京営業所開設
昭和36年 本社、本社工場を東成区西今里町2丁目45に移転
(後に東中本2丁目16-28に住居表示変更)
京都府相楽郡精華町に京都工場開設
(翌年に中央帽子製造株式会社として分離、以後各地に工場を増設)
昭和39年 アメリカ・ロサンゼルスに現地法人Butterfly Enterprise Co.を設立
製品の現地販売を開始
昭和45年 韓国ソウル特別市永登浦区九老洞第一輸出団地内に韓国帽子株式会社を設立
昭和46年 東京都渋谷区神宮前にマリオンビルを新築し、マリオン婦人帽店を開設
その後東京企画室となる
昭和48年 機構改革により、株式会社中央と名称を変更
新たに中央帽子株式会社と中央帽子販売株式会社を設立し、事業を移管
昭和50年 本社敷地内にクリニックビル新築
昭和51年 本社ビル4階に帽子商品開発センター(150坪)を開設
中央帽子製造株式会社を株式会社中央に合併
各地工場も独立法人化し、精華帽子ソーイング株式会社(のち日和佐帽子ソーイング株式会社)、加茂帽子ソーイング株式会社を設立
昭和52年 本社敷地内に中央会館新築
昭和54年 中央帽子販売株式会社を中央帽子株式会社に改称
中央帽子株式会社を中央帽子ソーイング株式会社に改称
貞光帽子ソーイング株式会社を設立
昭和55年 本社敷地内に商品配送センタービル、多目的ビル新築
昭和56年 株式会社ダイボー設立
平成02年 鹿児島工場設立
平成10年 株式会社エクレティコ設立
平成14年 東京都中央区日本橋馬喰町に常設展示会場ほか開設