帽子製造の流れ

中央帽子における帽子製造の大まかな流れについて順を追ってご紹介します。

圧着/ラミネート

生地に適応した特殊開発の帽子用芯地を熱圧着する工程です。

ラミネートは熱圧着工程・ボンディング異なった2枚の布地を張り合わせる加工をボンディング加工と言います。工程ともいいます。
最近は生地の多様化が進み、圧着温度、圧力、時間等の管理が複雑になってきており、さらに繊細な加工技術が要求されています。

圧着/ラミネートの様子

製図/CAD

各パタンナーが作成した型を元にして、本社工場・地方工場で使用する型紙(厚紙)の作成をCADComputer Assisted Drawingの頭文字をとってCADと言います。
具体的にはコンピュータを用いた製図システムのことを指します。
で行います。

作成した型紙(厚紙)の管理を行い、工場が必要なときにいつでも渡せる様になっています。
基本サイズの型紙から別サイズの型紙をコンピュータ処理をしてCADComputer Assisted Drawingの頭文字をとってCADと言います。
具体的にはコンピュータを用いた製図システムのことを指します。
で作成しています。

製図/CAD

バンドナイフ裁断

バンド式のナイフにより裁断を行う事をバンドナイフ裁断と言います。

原型に基づいて厚ボール紙を作成し、流行に左右される製品や、特殊な型の場合にバンドナイフ裁断を行います。
複雑な型紙の裁断や、素材が特殊なものを裁断するので、技術者の技量が発揮される工程です。

バンドナイフ裁断の様子

ポンス裁断

生地の裁断を型でくり貫く裁断のことをポンス裁断と言います。

定番的な製品(例えば、紳士型物と呼ばれるあまり流行に左右されない、ほとんど型の変わらない製品等の裁断)の場合に行なったり、 造花などの附属の裁断が効率良くできます。

ポンス裁断の様子

自動裁断

コンピュータで作られた正確なデータを基に自動裁断機で裁断を行います。

型紙データを基に裁断用のデータを作成、自動裁断機に読み込ませて裁断を行います。
手動裁断と違い生地を手で裁断しやすいよう小分けにせずに済み、大きな1枚の紙に型のデータを隙間なく敷き詰めることができるので生地のロスが少ないです。

自動裁断の様子

縫製

裁断した生地を、専用の縫製ミシンで縫い上げます。

本社工場の生産ラインとして、以前は紳士生産ライン、婦人生産ラインと別ライン(縫製ミシンや縫製方法の違いや、曲線の出し方、素材の硬さなどが異なるため)でしたが、要員の交流を進めて多機能工化を図っています。

縫製の様子

型入

木型などを使い、帽子の仕上げプレス(アイロン)をおこないます。

帽子の仕上げプレス(アイロン)は、アパレル製品と違い、より立体的なため、平面プレスができないため、特殊な装置で行います。
特に紳士型物はサイズ別(53cmから62cmまで1cmピッチ)で頭型、円型、さらに冷却用の頭型、冷却装置等に多額の設備投資が必要です。

型入の様子

検針

針の混入などないか、精度の高い検針機を使ってチェックをします。

直径約1mmの針も逃さず検知します。
万一発見された場合は、ハンディタイプの検針機を使って丁寧に針の入っている箇所を調べます。

検針の様子

検品

最終的には人間の目視により、徹底的に細部まで帽子の検品を行います。

少しでも不良があるものは取り除かれます。

検品の様子

品質検査

社内の品質管理室にて、検査を行います。

品質検査室にて、本社工場やグループ工場で企画生産されるすべての生地、附属等の日光堅牢度検査、ホルマリン検査、生地からの染料移染、生地の縮み検査、完成した帽子の丸洗い検査等、消費者の方に帽子を長くご愛用いただく為の検査を行っています。
品質表示もこちらで作られます。

品質検査の様子

完成

全ての工程を経て、ようやく完成です。

お客様のお手元へ、安全、安心、高品質な帽子をお届けいたします。

完成した帽子